メタピのブログww

二次創作物小説を中心に書いています。

ラクムス女王様お誕生日おめでとう!

9月6日、今日はある女王のお誕生日。
女王の部屋には、黒髪スーパーロングの女王がおりました。ドレスを着ていて、長くて白い手袋を両手に嵌めていて、どんなドレスでも一番美しい姿をしております。
女王「今日は私の誕生日ですね。一体誰かが私にプレゼントしようとしてるみたいだけど…」
誰かのプレゼントを女王が無表情で待っております。
<コンコン>
誰かが女王の部屋へのドアにノックします。
女王「はい?」
<パカ>
女王がドアを開けました。すると男の子の外見の茶髪の総監がいました。
テルル総監「ラクムスじょおーしゃま!テルルそーかんでしゅ!しつれいしましゅ!」
ラクムス女王「テルル総監、お入りください」
ラクムス女王が笑顔でテルル総監を部屋に入れさせました。
テルル総監「じょおーしゃま、あなたしゃまあてのプレゼントがとどいておりましゅ!」
ラクムス女王「プレゼントですか。差出人の名前を読みます」
ラクムス女王は差出人の名前を見ます。
ラクムス女王「差出人は…メタナイトピットからの手紙とプレゼントですか。手紙を読みます…」
ラクムス女王は差出人メタナイトピットからの手紙を読みます。

ラクムス女王様へ
2016年9月6日お誕生日おめでとうございます。
お祝いに特別で素敵なラクムス女王様にプレゼントをお贈ります。
このプレゼントの中身はパーティーや日常にとても適するかと思います。
メタナイトピット

ラクムス女王「メタナイトピットが私のためにお届けになったのですね。中身は一体何かしら?」
ラクムス女王様はプレゼントの中身を空けました。
テルル総監「!?」
ラクムス女王「これは…?」
なんと中身は、黒いボールガウンドレスなのです。ボールガウンドレスは白い襟で、腰に黒いベルトがついております。下半身が完全に覆われていて、フリルが何重も重ねられていて、地面に全体が広がるほど長いドレススカートです。そのスカートの下は、何重も重ねられたペチコート(ハーフスリップ)があって、地面に広がるほど長いペチコート(ハーフスリップ)です。素材は全て絹で造られております。
テルル総監「こんなにごーかなドレスがあるのでしゅか!?じょおーしゃま!」
ラクムス女王「ええ…テルル総監…まさかメタナイトピットが私のために届けたとは思いませんでした。一度お着替えしてみます」
ラクムス女王はボールガウンドレスを着てみました。そして、白いスーパーロンググローブを両手に嵌めたままで、ボールガウンドレスを着たラクムス女王は、今までにない可愛さ・美しさ・華やかさ・艶かしさが出ております。
テルル総監「いかがでしょーかじょおーしゃま!そのごーかなドレスをきてみたごかんそーは?」
テルル総監がラクムス女王に感想を聞きます。
ラクムス女王「ええ。とても柔らかい絹で造られていて、パーティーや日常に相応しいドレスを着てとても嬉しいです。」
ラクムス女王はボールガウンドレスを着てとても喜んでおります。
テルル総監「それはよかったでしゅじょおーしゃま!おたんじょーびパーティーがよういできましゅた!」
ラクムス女王「ええ。分かりましたテルル総監。パーティーに出ます」
ラクムス女王は白いスーパーロンググローブを両手に嵌めて、ボールガウンドレスを着たままパーティーに出ました。もちろんパーティーは全てラクムス女王のとても豪華で優雅なボールガウンドレス姿で大成功を修めました。めでたしめでたし。

f:id:YUSUKE2222:20160906163904g:plain

ラクムス女王様、お誕生日おめでとうございます!