メタピのブログww

二次創作物小説を中心に書いています。

チルノのバカボン口調なのダ

読む前の注意なのダ

チルノバカボン口調なのダは、東方Project天才バカボンの二次創作ファンアートなのダ。
霊烏路空バカボンパパの口調で話しますのダ。
その二次創作が苦手な方はそのまま読まずに他のページに移るか、お戻りくださいなのダ。

チルノの勝利セリフなのダ

チルノ「ほら、あたいったら最強なのダ」
チルノ「えーっと、何処かで会ったのダ?思い出せないのダー」
チルノ「あれ?夏は茶色くなるんじゃないのかなのダ?兎って」
チルノ「あたいの手にかかればハスもハラハラなのダ!」
チルノ「あんたの周り、不自然な自然で一杯なのダ!」
チルノ「幽霊はいまいち相性が悪いのダ……」
チルノ「私はあんな家で働きたくないのダ!」
チルノ「動きに無駄が多いんじゃないかなのダー?けけっ」
チルノ「幽霊はどうも調子狂うのダ……」
チルノ「死なないのダ!そんなちんけな鎌ではなのダ!」
チルノ「あれかなのダ?よく判らない事言って判ってるフリしてるだけかなのダ?」
チルノ「何なのダ?この魅惑的な匂いはなのダ」
チルノ「うわーなのダ!」
チルノ「漬け物するなら、漬かる前に食べちゃうのダ!でも漬け物石は要らないのダ」
チルノ「雲の中は氷が体に付くから嫌なのダ……」
チルノ「冬眠!凍眠!知ってたかなのダ?冬眠した蛙を冷やすと目覚めないのダー。いつまでもなのダ」
チルノ「おっと、最近巫女が増えたけど区別する気無いのダ!」
チルノ「魔法使いだってコチンコチンなのダ!」
チルノ「また巫女なのダ!巫女は妖怪退治しかしないのダ!」
チルノ「もっと記事にしてほしいのダ~。ある事ない事かかわらずなのダあ」
チルノ「弱いのダー。準備運動の練習にもなりゃしないのダ!」
チルノ「もっと強い奴を探しに行くのダ!」
チルノ「凍らせる事も出来ない癖に、偉そうにするななのダ!」

バカボン「これでいいのダ!」

おしまいなのダ!