メタピのブログww

二次創作物小説を中心に書いています。

【ABD二次創作】聖戦士ダンバイン 第6話「ドレイク軍の聖戦士」

これは聖戦士ダンバインの二次創作小説です。

ジェリル「さあ、かかってきなさい、ネオ。あなたはこのあたしが相手よ。」
チェンカ「俺たち4人を倒せるかな?」
アレン「さあ、戦闘開始するぞ!」
タウ「行っくよお!ゲームスタート!!」

赤いドラムロ3機と緑のドラムロ1機がネオたちに襲い掛かる。
ダンバインはそれを避ける。

タウ「タウと遊ぼう!!」
効果音<キーン>
シグマ「くっ!!」

緑のドラムロとシグマ機のダーナ・オシーがつばせりあう。
その時、ダンバインの背後から紺のオーラ・バトラーが接近した。

ハカナ「!?」
ネオ「誰だ!」
???「貴様、よくもドレイク軍を裏切ったな、男?」
ネオ「お前は、不良のギルドル・ギネス!」
ハカナ「え?知っているんですか?」
ギルドル「ネオ!よくも俺たちを裏切ったな!」

そう、紺のオーラ・バトラーは紺のドラムロのことだった。

ネオ「お前たちはドレイク軍に手を貸しているのか!」
ギルドル「うるさい黙れ!男なんかに分かるかよ!」

ダンバインと紺のドラムロがつばせりあう。

マミ「いけえ!」
効果音<ビシューン>

つばせりあいの中、マミ機のアルゴスが紺のドラムロにフレイ・ボムで攻撃した。

効果音<ドカーン>
ギルドル「こ、こいつ。」

続いて、ルカ機のデイモスがフレイ・ボムで攻撃した。

効果音<ビシューン>
効果音<ドカーン>
ギルドル「うあああ!!」

紺のドラムロが2発被弾した。

ギルドル「クソ、覚えておけ!!」

紺のギルドルは撤退していった。
そして――。

効果音<ザク>

ダンバインは緑のドラムロのオーラ・コンバーターをオーラ・ソードで叩き割った。

タウ「!!」
メモリア「タウのドラムロがやられたのか?」

タウのドラムロが破壊される前に脱出し、ラゴーに助けられた。
残りの3機の赤いドラムロは撤退していった。

アレン「クソ、覚えておけよ!!」

アレンはそう言いながら去って行った。
ネオたちは戦艦ゼラーナに戻った。
ゼラーナのメカニックは、左腕を失ったダーナ・オシー2機を修理している。

ツキト「ドラムロ、ビランビーが出てくるなんて…。」
ハカナ「あたしのダーナ・オシーは無事だけどね。」
シグマ「ツキトや俺のダーナ・オシーは左腕を失った。」
ネオ「みんな、大丈夫か?」
ツキト「私は問題ありません。」
ハカナ「あたしも問題ありません。」
シグマ「俺も大丈夫だよ。」
妖精さん「ネオ、サブロウジを知ってるの?」
ネオ「知っているも何も、サブロウジはちょうど会った。それ以外は何も知らない。」
妖精さん「…そう。」
ネオ「妖精さん、落ち込まなくても…。」
妖精さん「…ありがとう。いいの。」

ネオはそっとやさしく、妖精さんになでおろした。

ヨウ「我々は、ラース・ワウに向かう。」
ネオ「了解だ。」

ネオたちは、再びワース・ラウに向かう。
その一方、ルシエドたちは――。

ルシエド「クックック…。ついに出来たぞ。新型機“オレクシス”だ!」
ギルドル「これが“オレクシス”か?かっこいいな。」
ルシエド「オレクシスは、白兵戦を重視したドラゴン型のオーラ・バトラーだ!」
ギルドル「デイモスの後継機というのか?」
ルシエド「その通りだ。」

デイモスの後継機オレクシスを紹介していたルシエドにギルドルは感心している。
その時――。

ドレイク兵「大変です、ルシエド殿!」
ルシエド「何だ?騒がしいな。」
ドレイク兵「戦艦ゼラーナが接近している模様です!」
ルシエド「何だと?」
ドレイク兵「数多くのオーラ・バトラーが出てきます!」
ルシエド「よし、ドレイクに報告を。」
ドレイク兵「分かりました!」
ルシエド「よし、オレクシスをしまうか…。」

ドレイク兵は、ドレイクに報告した。

ドレイク「何?ゼラーナ隊が接近すると?」
ドレイク兵「はい、数多くのオーラ・バトラーを捕捉しました。」
ドレイク「そうか。戦闘につけ。」
ドレイク兵「はっ!」

ドレイク軍のワース・ラウの周辺にオーラ・バトラーのミーソス2機、デイモス6機、ドラムロ4機、ビランビー4機、合計16機に戦闘配置した。

ドレイク「クックック、このわしに刃向かおうというのか。ヨウ。」

ルシエドは不敵の笑みを浮かんでいる。

メモリア「見つけたよ、ゼラーナ隊!この私に勝てると思うなよ?」

メモリアもドラムロに搭乗し、出撃した。

妖精さん「ネオ、いける?」
ネオ「出るぞ!」

ダンバイン(ネオ)とダーナ・オシー(ハカナ)は出撃した。

ネオ「敵はどこにいるのか…?」
妖精さん「!! ネオ!あれ!」
ネオ「!? オーラ・バトラーだ!」

To be Continued......