メタピのブログww

二次創作物小説を中心に書いています。

【ABD二次創作】聖戦士ダンバイン 第3話「炎と闇」

これは聖戦士ダンバインの二次創作小説です。

ネオは疑問を持ったままオーラマシンに乗って、ロムンの館に着いた。

マミ「!!」
ネオ「どうした、マミ!」
マミ「敵機がまた出たわ!!」
ネオ「何!?」

敵軍オーラマシンの群れが見張っていた。

ダーナ・オシーが紺のダンバインを攻撃した。

ギルドル「ちくしょう、こんな時に!」

ギルドル機(紺のダンバイン)はダーナ・オシーの攻撃で中破となった。

ネオ「ギルドル!よくも!!」
ハカナ「もう一度言うわ、あなたはドレイク軍に残るのか。それともあたしたちの方に参加するか。」
ネオ「……。」
ハカナ「ドレイクはバイストン・ウェルを征服しようともくろんでいるのよ。」
ネオ「……!」
サブロウジ「ネオ、何をやっている、さっさと動け!!」

ネオは決心した――――。

<ダダダダダ>
<ドカーン>

一般兵A「うわっ!!」
サブロウジ「なに!?」
一般兵B「何だ!?」

ネオ機(黄のダンバイン)はミーソスを攻撃した。

ネオ「俺はドレイクと縁を切る!!」
サブロウジ「何……だと……!?」
ネオ「俺はハカナから聞いた。ドレイクは悪だと!!」
サブロウジ「おのれ…。僕を裏切るのか!?」
ネオ「ああ、そうだ!」
妖精さん「ネオ…!」
ネオ「ところで、名前は?」
妖精さん「名前は妖精。」
ネオ「妖精さんか。よろしく。」
サブロウジ「何をこしゃくな。やれ!!」

ミーソス、デイモスの群れが黄のダンバインを襲う。
その時、ドラムロ2機がでてきた。

サブロウジ「!!」
サブロウジ「誰だ!!」
女「そこまでだ!」
男「ドレイク軍、ここにいるとはな。」
ドレイク「貴様は、フィオルとラドンか。」
ネオ「フィオルとラドン!?」
フィオル「そう。俺の名はフィオル。」
ラドン「そしてラドン。」

そう、男とはラドン、女とはフィオルの事だった。

ドレイク「おのれフィオル、ラドン!わしに逆らうのか!!」
フィオル「そうだ。誰かに従われるのは嫌だ。」
ラドン「オレも同感だ。」
ドレイク「生意気な。やれ!!」

ミーソス、デイモスの群れがドラムロ2機(フィオル、ラドン)を襲う。
――しかし。

フィオル「フン。甘えな。」
ラドン「俺を倒せると思うのか?」

フィオル機とラドン機がことごとく、ミーソスとデイモスを大量に倒していった。

ネオ「す…すごい。」

ネオは思わず感心した。

ネオ「よし、行くぞ!」

ネオもフィオルたちに協力し、ミーソスとデイモスを倒した。

サブロウジ「ちっ、撤退しろ!!」

サブロウジたちは撤退していった後、フィオル機とラドン機がダンバインを攻撃した。

ネオ「ぐふっ!!」
ラドン「しつこいな。」
ネオ「それはオレの台詞だ……。」
フィオル「オレはこれから弟と一緒に暴れてもらう。」
ネオ「なんだと!?」
フィオル「俺達の事を悪く思うなよ。フハハハハ……。」

フィオルはそういいながら、ラドンと共に去っていった。
そして中破したギルドル機(紺のダンバイン)を後にギブン家が回収し、ネオ機の予備パーツとなった。

ネオ「いったいやつらは何をするんだ…?」

一体、フィオルとラドンは何をするのか…?

To be Continued...